瀬戸焼 美濃焼 和食器・陶器|齋藤陶苑合資会社

瀬戸焼 美濃焼 和食器・陶器|通販専門サイト あーと青仁 HOME

瀬戸焼 美濃焼 和食器・陶器|通販専門サイト あーと青仁 陶器ギャラリー あーと青仁
業務案内

瀬戸焼 美濃焼 和食器・陶器|通販専門サイト あーと青仁 瀬戸美濃焼 商品で探す
窯元・作家紹介

瀬戸焼 美濃焼 和食器・陶器|通販専門サイト あーと青仁 瀬戸美濃焼 商品で探す
カタログ紹介

瀬戸焼 美濃焼 和食器・陶器|通販専門サイト あーと青仁 瀬戸美濃焼 作家で探す
会社概要

瀬戸焼 美濃焼 和食器・陶器|通販専門サイト あーと青仁 インフォメーション
お問い合わせフォーム




このページでは当店で取り扱いしております、窯元・作家の紹介をしております。

 山兵窯 羽柴兵衛
山兵窯 羽柴兵衛   1950年 岐阜県土岐市に生まれる
  1968年 多治見工業高等学校窯業科卒業

  父 羽柴兵伍に師事し実家の兵山窯を継ぐ

  4代目与左衛門は名土として知られた製品を
  認可する朱印状を下附され“羽柴”の姓を下賜された
  以来、現在の当主 羽柴兵衛に至る
 

 
 秀峰窯 中垣連次
山兵窯 羽柴兵衛
  1954年 岐阜県土岐市に生まれる
  1978年 日本大学卒業
  1991年 日本橋高島屋にて個展
  2003年 三越本店にて個展
  2006年     〃

  各地にてグループ展を開催
 

 
 鶴琳窯 林 英樹
山兵窯 羽柴兵衛
  1974年 岐阜県土岐市に生まれる
  1996年 名城大学理工学部建築学科卒業  
  1998年 実家である鶴琳窯にて作陶  
  2001年 岐阜県多治見工業専攻科陶磁化学芸術科卒業  

  以後、家業の鶴琳窯の仕事と共に、個展やグループ展を行い現在に至る。
 
 

 
 南窯 工藤 工
南窯 工藤 工   花あり美のある
  豊かな暮らし
  楽しい器でおてつだい

  心を込めておくります
 
 武山窯 達武衛
武山窯 達武衛   心地よく感じてもらえる「うつわ」のため
  素地つくりに命を懸けて削りを入れています。


  器の中でも特に飯茶碗は、手にする「うつわ」、口に付ける「うつわ」ですので
  持った感じ、口に付けた感じが心地よくなかったらダメだと思っている。
  とにかく使っていただける人に心地よく感じてもらえる「うつわ」を
  いつも心がけて削りを入れています。
 

 
 寺田みのる 昭和11年生
寺田みのる 昭和11年生   瀬戸市窯元に生まれる。
  昭和33年美山陶苑入社、10年後独立しみのる陶苑設立。
  昭和52年瀬戸クラフト協会理事長就任。

  ストックホルム国立美術館、ハガネス美術館、ペルー国立美術館、
  アルゼンチン国立東洋美術館などに作品永久保存。
  愛知地球博で陶壁作成。
  各地で個展多数開催。
  瀬戸クラフト協会顧問。
  日本デザインクラフト協会会員。

  瀬戸 みのる陶苑。
 
 いちい窯  横井 清秀
いちい窯  横井 清秀   昭和30年 土岐市 生
  昭和49年 佐渡山安光先生に師事
  昭和53年 “いちい窯”継承
  以降 名古屋・東京・鎌倉等
  全国各地にて個展、グループ展開催
 

 
 亜福窯 鈴木 篤子
亜福窯 鈴木 篤子   愛知県瀬戸市生まれ
  瀬戸窯業高校 デザイン科卒業
  中京大学卒業
  (有)松峰園陶所三代目に稼ぎ、商品開発・デザインに携わる
  2000年「亜福窯」を瀬戸市に設立

  野に咲く花や木の実など身近にある素朴な自然を女性らしい感性を
  生かして器に表現したいと思います。
  土味の温もりと優しさを大切にしています。
 

 
 塩草窯  中島 洋
塩草窯  中島 洋   従事年: 昭和35年より現在の仕事に従事
  認定年度:平成7年度
  得意な技法: ロクロ成形
  主な製品: 割烹食器(湯呑、鉢、皿)
  受賞歴:平成11年 工芸士会作品展 特選

  師伝の陶法に新しい工夫を加え、常に合掌念仏の心を持って精進しています。
 

 
 若尾 洋造(宗山窯三代目)
若尾 洋造(宗山窯三代目)   昭和48年    3代目  継承
  平成 2年    丸宗製陶所から有限会社宗山窯に社名変更
            以降個性的な器造りを理念に手作り手描きによる「安南シリーズ」、
            古来からの鮮やかな朱色「ジャパネスクシリーズ」など
            幅広い商品群を展開している。
  平成20年9月  陶磁器漆加工研究開発に着手
  平成21年9月  漆陶シリーズ商品化
  平成22年9月  「漆陶そう吉」ブランドを構築
  平成23年2月  陶器に漆を施した「漆陶そう吉」ブランドを、
            独自に研究開発し現在に至っている
 

 
 北山窯  田中将則
北山窯  田中将則   1962年(昭和37年)岐阜県土岐市にうまれ、1982年に作陶を始める。
  北山窯の三代目。
  陶器の制作をすべて一人でやっています。
  釉薬の調合もこなし、様々な色を持っています。
  自分流の織部を作り、なお向上のため研究中です。

  陶  歴
  日本新匠工芸展 2005年 入選
  織部の心作陶展 2006年 入選
  織部の心作陶展 2008年 入選
  東海伝統工芸展 2008年 入選
  土岐陶芸会員
 

 
COPYRIGHT(C)2014 瀬戸焼 美濃焼 和食器|齋藤陶苑 ALL RIGHTS RESERVED.